豊富な腸内細菌を水の泡にしてしまうもの

2020年4月25日

前回の記事では腸内細菌が私たちの身体にとても大切であることと、腸内細菌のバランスを崩してしまう食生活について
島田先生の昨年の講演内容をまとめました。

 

この多様で有能な腸内細菌そのものがあるものによって、水の泡になってしまうのです。

それは…”抗生剤の濫用”だそうです。

  • 手術の際に化膿しないために使用する
  • ピロリ菌の除去に使用する
  • 【細菌による風邪の可能性があるから】【肺炎になるのを予防したい】その理由で本来ウイルス性の風邪には効果のない抗生剤を念のためと言って使用する

さまざまなシチュエーションの中、やむを得ないことでもあると思いますが、
都合の悪い細菌を殺すために抗生剤を使用した瞬間に、今まで培ってきたお腹の中の有用な細菌たちも一緒に死んでしまう。

人体最大の免疫器官である腸内の細菌が減るということは免疫が下がるということ
なのです。

スタッフAsuka
そのあとの、食事法や自然療法でいかに腸内細菌を豊富に増やしていくかが大切なんですね!

もちろん抗生剤が私たちを危機から守ってくれることもあります。
もしも抗生剤を使用することになった場合、自然療法・食養生でできるケアについて下記の記事に掲載しています。
是非合わせてお読みください!

合わせて読みたい
腸
ピロリ菌に対しての食養生

抗生剤を使用するメリットとデメリット&前後の食事療法や自然療法のケアについて

続きを見る

-「腸」について, 免疫力を高めよう

Copyright© 湘南オーガニックスタジオ , 2021 All Rights Reserved.